« カウンタは回ってるけどテレマンの正解がまだもらえません誰かくれ! | トップページ | 空想科学啓蒙漫画 »

2004年6月 8日 (火)

金星が

いま太陽を横切っています。トップにも貼っときました。日本では梅雨入りしちゃって散々ですが海外ではいい感じで観測が進行しています。
この現象が観測されるのは今回が史上6度目です。地球と金星の公転面は、厳密な同一平面ではないので太陽の視直径内を金星が横切るのは243年に4回だけ。前回は121年と半年前、この現象が意義深いのは当時太陽-地球間の距離測定手段が無く、金星が太陽に入り始める時刻を世界各地で測定することによって視差を求め、そこから天文単位を割り出すといったプロジェクトがおこなわれた歴史的ドラマにもよる(現在の測定値まであと25万㌔というところまで迫った)。その1882年の通過での写真は残っているけどこんなライブ感をもってラクラク観察できちゃう現況に感謝を。
27980608buildingwithperspective

|

« カウンタは回ってるけどテレマンの正解がまだもらえません誰かくれ! | トップページ | 空想科学啓蒙漫画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/6801863

この記事へのトラックバック一覧です: 金星が:

« カウンタは回ってるけどテレマンの正解がまだもらえません誰かくれ! | トップページ | 空想科学啓蒙漫画 »