« 夜が明けて日が昇る朝の光のその中で | トップページ | 某板ならチューチュー言われて大変だぞ »

2004年4月 6日 (火)

たらったったーやたーらら、てぃーや~(世界の車窓から)

0406
阿里山森林鉄道の勇姿。軌道間762mmディーゼル機関車+客車2両押し上げ方式。最急勾配66.7‰、最小曲線半径30m、隧道数56箇所、途中には3重スパイラル線や4度に及ぶスイッチバックなど。鉄ちゃん垂涎もむべなるかな。

|

« 夜が明けて日が昇る朝の光のその中で | トップページ | 某板ならチューチュー言われて大変だぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/6790813

この記事へのトラックバック一覧です: たらったったーやたーらら、てぃーや~(世界の車窓から):

» 奮起湖車站 気ままな台湾旅行記48 [瑞樹録]
林業で名を馳せた阿里山鉄道沿線で最も栄えたのは、奮起湖という駅。ここはスイッチバックで運転する鉄道の上下線が交差する地点で、当時、嘉義の街から阿里山へと向かう列車は、お昼前にここに停車していた。私たちの乗る5次は違うけれど、朝嘉義を出発するもう一本の211...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 3日 (月) 01時36分

« 夜が明けて日が昇る朝の光のその中で | トップページ | 某板ならチューチュー言われて大変だぞ »