« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004年1月20日 (火)

うろうろしてたらジモティーが手を引っ張って「こっちこっち」って

01204001200
一泊400元(約1200円)のドミトリー
結構有名らしいが・・・                 これじゃ入口わからねーよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月19日 (月)

手に入ったら間違いなくドリフトしてみる

0119
一台ほすぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月15日 (木)

この原チャリ部隊が一斉に出動することはあるのか?

0115
警察署前。実はもう一列並んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月14日 (水)

構内へは入らず素通りしちったよ

0114
台湾大学(旧台北帝國大学)正門前
ほんとは旧九帝大ってことになるらしい(ソウルでもつくったんだね)
このそばにあんかけカタ焼きそばの旨い店があって多分学生向けなんだろうけど、そこへ行きたくて。(うまかったぜ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月13日 (火)

金星大飯店バスルーム

0113
こんなところにまで米国標準かよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 9日 (金)

4~5社が空港にカウンタ有

0109
巴士会社の民営化は最近のことらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 8日 (木)

三十路越えたらどんな扱いが適当なのだろうか

0108
普段はチェックインが済むと光量の不足がちなゲート前のベンチでひたすら読書なわけだが、ダイナスティにはちゃ~んと別室が用意されている。フリードリンク、フリースナック、ふかふかの絨毯、ソファに常時接続のコンピュータ。いやまいったね。(さらに奥にはファーストクラスエリアがあってむかつくが。)
しかし写真の奥のほう、落合の長男みたいのがふんぞり返ってるの分かりますか?あんな小さいうちからこんな扱いうけてたら間違いなくスポイルされるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 7日 (水)

虐げられしものどもよ

なぜか成田空港のヤツラは頑なに「ダイナスティクラス」と言い、決して「ビジネスクラス」とは言わない。チケットにも「ビジネス」て書いてあるのに分かりづらいったらありゃしない。不慣れな貧乏人はどうしてもおずおずと申し出るカンジになるよ。

でこれがそのダイナスティの機内食(前菜)。テーブルにはクロスがかけられ、食器はセラミック、ガラスのグラス(同語反復)、ナイフとフォークも金属製。脚を投げ出して座っても前を人が通れるし両肘を肘掛に乗せてもとなりと接触しない。メインのステーキ肉も血の滴るような(死語)ぶ厚いやつだったよ。
0107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 3日 (土)

Picture>View of Mars from Shinmatsudo


The word of "Mars" looks like "SARS".

I'm in 10th floor of "OTAKU" building at Taipei. They are a little bit spuare to security of computer system in this cafe. So I have no way to input in Japanese today.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 2日 (金)

(写真は本文とは関係ありません)

このマシン内のMy Pictureから画像落としてみようかと思ったらエロ画像ばっかりでちと無理。

ながれながれていまは台南にいるわけだが、運良くネトカフェ見つけたもののここのIMEには日本語装備されてなーい。ので英文のMSサイトから、漢字だらけの警告表示をかいくぐりながら日本語セットを勝手にダウンロードしちまいました。しかもXP用を力ずくで98に。ハングアップしたらどうしようとすこうしドキドキしたよ。ついでに「お気に入り(我的最愛)」にこのページを登録しておいたよ。どういうわけかそこだけIMEが生きないので「Histamine Yoshizawa(Gateway to Japanese Bandsite)」としておいたが意味通じるかしら。それにしてもやはり田舎の娯楽場は無防備だな。八柱の漫喫も似たようなものだが。どうでもいい話題でデジタル資源の無駄遣いをしちまってるので、鉄っちー垂涎の阿里山森林鉄道体験記はまた次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »