« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

2003年12月26日 (金)

安普請の方がなんだか落ち着くのはしかしどういうことだ?

台北のネットカフェより書き込みです。
ついにこういう芸当も可能になったか(しみじみ)
10年くらいブリの訪台実況報告その1

→今回中華航空のエコノミーがキャンセル取れず。ユナイテッド、エヴァ等アメリカ系のエコノミーと中華航空のビジネスがほぼ同額だったので、生まれてはじめてのビジネスクラスを体験しました。
→感想は…”こうも扱い違うか!”
→いかに普段虐げられていたか逆に身にしみてなんだが落ち着きませんでした。

→空港でのレート ¥1=NT$ 0.3086
→空港から市内中心部まではバスで約90min.100NT

→金星大飯店(GoldenStar Hotel)場所分かりづれえ!安普請!
1224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月23日 (火)

楽屋はものすごく狭い上に裏から回れないけど

シルエレはステージに無駄な高さが無いのがよいと思います。

1223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月22日 (月)

スヌーキィ on R'nRクライマーズ at SilverElephant(12/20)

1222onrnrat_silverelephant
セットリスト

1.ロケンローオーナイロン
2.青空から曇り空まで
3.左と右
4.なぐさめる音
5.まだ
6.次の奇蹟   だったような気がする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月19日 (金)

≪わたしにとって、人間の心についての実験によらない考察は、大して意味のある認識ではない。≫


スタニスワフ・レム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月18日 (木)

すごいなおい!


『キャンドルが半分以上燃焼すると、台座部分にあるサンタクロース姿のミッキーマウスに燃え移る可能性があるという。』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月17日 (水)

つーか近況知らせろよ

1217_2
野田市のKさんより情報です。

(以下引用)---------------------------
あの裏声。実は最初に声をあてたのが、ウォルト・ディズニー本人だったのだ。で…、変えらんなくなっちまったんじゃないのかなあ。「別の声に変えるなんてとんでもない」みたいな。ある意味ご本尊だしねぇ。ディズニーは日本語吹き替えの際、キャストのオーディションにも首を突っ込むから、ミッキーは日本語喋る時もあの裏声なんだろう。他の国、フランスだとかスペインとかの吹き替えもああなのかは知らないけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月16日 (火)

romもいいけどたまには会いに来て I need you !

1216rom
2003.12.20(土)吉祥寺 シルバーエレファント   
silver elephant presents
しるえれコネクション-R&Rクライマーズ-

c/w
ジャンクションピーク
lime
Hana Boy
Inter-Life

OPEN 17:30/ START 18:00
前売1,300円/ 当日1,500円

★出演は1番目です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月12日 (金)

Happy birthday ?

1212happy_birthday
66回目の誕生日。(昭和12年12月12日生)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月 5日 (金)

しまちゃんは同意。あまつさえヤツらを「匹」で数える。

1205
ミッキーの声ってヘンだよね。などと言うことはもしかしたら王様は裸だ!と言うことよりもリスキーなことなのかも知れない。日本語で喋るヤツもわざわざ似た声音を使うことに意味はあるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月 4日 (木)

ホモエロ・サピエンス(大真面目)

1204jpg
↑今期の珍解答ぶっちぎり第一位。
ニューウェーブ系のバンドにありそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年12月 1日 (月)

ハイノートでタンギングするとシラブルとの関係でスゲーズキズキしてつらいんだ

1201
ボーダレスナイト御来場感謝じつはぶっつけ本番だったりもしていやはやそのせいかみょーにテンション高くてわりと功を奏したのかもいやそれにしても口内炎がひどくてさー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »